※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ガジェット

Anker Nebula Capsule ⅱはレンタルがおすすめな理由【家電レンタル4社比較】

モバイルプロジェクターの購入を検討している方にとって

Anker Nebula Capsule ⅱ が候補に入るのではないでしょうか?

  • 500mLペットボトルサイズで持ち運び◎
  • 最大100インチの大画面になる
  • テレビでは味わえない「臨場感」が楽しめる

一方、本製品は約7万円と「価格が高い」のがネックです。

しみ

さすがに7万円となると購入に慎重になってしまいます。。

そこでおすすめは「レンタル」

出費を抑えて購入前に試せるだけでなく、

レンタルする会社次第では購入より安く手に入れることも可能です。

本記事はAnker Nebula Capsule ⅱ について、

レンタルできる会社・サービスの料金を比較

利用期間別にお得なレンタル会社を紹介します。

Anker Nebula Capsule ⅱはどんなモバイルプロジェクター?

Anker Nebula Capsule ⅱは、

  • 持ち運べる「モバイルプロジェクター
  • 最大の特徴500mLペットボトル程度」の大きさ
  • Android TV 9.0搭載 様々な動画配信サービスに対応
  • 距離に応じて画面の大きさが変わり、100インチの大画面も可能
  • 家の中でも場所を問わず投影でき、外に持ち出して使うなど用途の幅広さ◎

手で握って持ち運べるほどの小さなサイズ+

Android TV 9.0搭載により、

これだけで動画配信サービスが楽しめる手軽さ が特徴です。

しみ

スマホやPCを繋ぐ必要なく、これだけで大画面を楽しめます!

Anker Nebula Capsule ⅱは「レンタル」がおすすめな理由

冒頭で紹介しましたが、

Anker Nebula Capsule ⅱは価格が高いのがネックです。

2024年5月現在、Amazonで69,990円とほぼ7万円」。

「プロジェクター」を初めて購入する方にとって

  • 購入後、自分がどんな風に使いこなしているか想像しづらい
  • 7万円という出費に対する判断が難しい

モノが良さそうなのはわかるけど

買って良いかの判断が難しい

そこでまずは「お試し」してみることをおすすめします。

製品を試して、実際どうなのか?を自分の感覚で体験することができれば

購入の「判断」がしやすくなります。

プロジェクターをレンタルするメリット・デメリット

  • 購入するより「手軽な価格」で実際の製品を触れる
  • 製品の「使用感」を体験できる
  • 購入前、「事前に」画質を確認できる
  • 自分なりの活用方法をイメージできる

プロジェクターをレンタルすると

購入するよりも少ない出費で、

実際の使い勝手や準備の手間、画質の確認など予め知ることができます。

自分はこういう使い方ができそう

実際にイメージできる点が大きなメリットです。

一方、レンタルした後購入することにした場合、

先にお試しでレンタルした分だけ

トータルの出費が多くなってしまうのはデメリットにはなります。

しみ

レンタルは買って後悔した、という「リスクを下げるための出費」と捉えるのが◎です

Anker Nebula Capsule ⅱをレンタルできる家電レンタルサービス

Anker Nebula Capsule ⅱをレンタルできるサービスについて、

本記事では以下4社を紹介します。

家電レンタルサービス

kikito :ドコモが運営する家電・デバイスのレンタルサービス

レンティオ :6,500種類以上の豊富な家電ラインナップを誇る(2024年5月現在)

ゲオあれこれレンタル :ゲオが運営する家電レンタル。Apple Watchがレンタルできる数少ないうちの一つ。

ナニワレンタル :カメラの短期レンタルに力を入れている家電レンタルサービス

※下線タップ・クリックで公式サイトへ移動します

なお、ゲオあれこれレンタルを除き3社は「全国送料無料」

(ゲオあれこれレンタルも「北海道・沖縄以外は送料無料」です)

利用料金に追加で発生する費用の要素はありません。

レンタル期間と利用料金で各社を比較していきます。

(2024年5月時点の料金比較になります)

Anker Nebula Capsule ⅱ 家電レンタル・サブスク4社の比較まとめ

家電レンタルサービス4社では自分に合った期間、

製品をレンタルすることができます。

  • 短期間のレンタル
  • 月額制のレンタル(サブスク)

各社サービス内容をまとめると

レンタルkikitoレンティオゲオ
あれこれレンタル
ナニワレンタル
短期レンタル3,480円
2泊3日
4,980円
7泊8日
4,800円
7泊8日
5,580円
3泊4日
月額サブスク4,400円4,800円
月額 最低利用期間4ヶ月3ヶ月
月額利用/もらえるまで24ヶ月12ヶ月
公式サイト
(タップで移動)
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
Anker Nebula Capsule ⅱのレンタル料金比較(税込み) 2024年5月時点

短期間レンタルできるのは?

  • 全ての会社で利用可能
  • kikito」が最も短い期間、最安価格でレンタルできる
  • 1週間だけレンタルしたい場合は「ゲオあれこれレンタル」が最安

長期間レンタル(月額制)できるのは?

  • 「kikito」「レンティオで利用できる
  • 月額制は最低利用期間に注意!
  • レンティオ」は、購入するより低価格で最終的に自分のものにできる

短期間は最短3日~約1週間レンタル可能、

長期間所有してみてじっくり試してみたい方は月額制、1ヶ月単位のサブスク利用も可能です。

4社の中で比較すると

短期間レンタルは「kikito

月額制レンタル(サブスク)は「レンティオ」がおすすめ。

それぞれ詳しく紹介していきます。

短期間のレンタルは「kikito」がおすすめ

短期間のレンタルは各社、

最短で2泊3日~長くて約1週間のプランを選択することができます。

短期間レンタルする目的として

  • とりあえず触ってみて、どんなものか試してみたい
  • イベントで使うため「ピンポイントで使用したい」

一度実物を使用して試してみたい方はもちろんですが、

友達と集まってアニメやライブの上映会、

キャンプや車中泊に持って行って楽しむ!といったイベントに合わせてレンタルもおすすめです。

4社の中でも短期レンタルは

ドコモの家電レンタルサービス「kikito」がおすすめです。

期間は2泊3日と最も短いですが

3,480円(税込み)と4社の中で最安価格なのがポイントです。

家電レンタル kikito

なお、kikitoのサービスが気になる方は以下リンクを参考にしてくださいね。

アイキャッチ

ガジェット

【kikito】ドコモの家電レンタルを体験レビュー|口コミ・評判◎な良サービス

2024/6/12    

最近では家電を買うのではなく、 「レンタルする」という選択肢も選べますよね。 そこで本記事では、家電のサブスク・レンタルの 「kikito」を実際に試して感じたレビューをします。 kikitoを試して ...

月額制のレンタル(サブスク)は「レンティオ」がおすすめ

出典:レンティオ公式HPより

長期間じっくり使ってみたい方は、

「kikito」「レンティオ」で月額制のレンタルが利用可能です。

ただし、両社とも最低でも利用しなければ解約金がかかる月数

最低利用期間」が設定されている点に注意です!

以下期間継続しないと「解約金」が発生してしまう

kikito:最低4ヵ月継続必要 ⇒4,400円×4ヵ月=17,600円

レンティオ:最低3ヵ月継続必要 ⇒4,800円×3ヵ月=14,400円

2社を比べるとkikitoの方が月のレンタル料金は安いのですが、

おすすめは「レンティオ

12ヶ月レンタル継続すると「自分のものになる」のが魅力です。

しかも、自分のものになるまでの総額は

4,800円×12ヶ月 = 57,600円

⇔ Amazonの販売価格:69,990円(2024年5月現在)

しみ

レンタル品なので新品ではないですが、購入するよりも1万円以上安く入手できるのは魅力です

レンティオで月額レンタルを継続すると、

購入するよりも安く手に入れることが可能になります。

一気に大きな出費で購入するより初期費用を少なくでき、

最終的には購入よりも安く自分のものにできる

月額のレンタルは「レンティオ」がおすすめです。

レンティオで月額レンタルするメリット

  • 月額制のため、一度に多額の出費がない(4,800円/月)
  • 長期レンタルすることで、自分に合う製品か判断できる
  • 4ヶ月以降は解約金0円でいつでもレンタルを終了することができる

レンティオで月額レンタルするデメリット

  • 月額レンタルは「リユース品」のみ
  • 新品もレンタルできるが、短期のみプランが設定されている

家電のレンタル レンティオ

Anker Nebula Capsule ⅱ レビュー kikitoで実際にレンタルしてみた

ここからはAnker Nebula Capsule ⅱについて、

実際に使ってみて感じたレビューをしていきます。

なお、製品は「kikito」で2泊3日のレンタルを実際にしてみました。

丁寧な梱包で製品も綺麗、同梱品リストまで付いており、返却する際の配慮も◎

使い方はとっても簡単 置いて電源を入れるだけ

Anker nebula capsule ⅱの使い方は非常に簡単

面倒な準備も不要です。

投影したい場所で「置いて⇒電源を入れる」だけ

好きな場所に置いて、本体裏の電源ボタンを約2秒長押しするだけですぐに起動します

オートフォーカス機能が備わっていますので

投影したい場所に置くだけで勝手に最適な焦点に合わせてくれます。

準備の手間は全く感じず、電源を入れるとすぐに使うことができました。

距離に応じて画面が大きくなる 100インチサイズまで対応

まず距離に応じてどの位の画面サイズになるか検証しました。

壁との距離高さ×幅(cm)※TVインチ
90cm35×6430インチ相当
180cm70×13058インチ相当
350cm148×265100インチ以上
壁との距離別 画面サイズ ※実測値なので注意ください

壁との距離を離すほど画面サイズは大きくなります。

約1mの距離だと小さなテレビのような画面サイズ、

約2mで大型テレビの画面サイズになります。

約3m程度で100インチ相当!距離を離すと迫力ある大画面になります。

90cm離した場合の画面サイズ
180cm離した際の画面サイズ
350cm離すと100インチ以上に!大きすぎて窓に投影してみました。比較のTVは50インチテレビです

画質は鮮明 暗い場所での使用が基本 明るい場所では見づらさアリ

先ほどの写真を見ていただけると分かりますが

画質はとても鮮明で綺麗です。

真っ暗な状態にするととても鮮明に見えます。

3m以上離すとさすがに多少ぼんやりとしてくるのですが、

それでも十分迫力ある映像が期待できます。

デメリットは「日中、明るい状態の部屋では見えづらい」です。

  • 基本は「部屋を暗くして楽しむ」
  • 日中、明るい部屋ではよく見えない・・
  • 夜、明かりをつけた状態で影のある場所ならなんとか全体が確認できる 感覚
真っ暗状態だと、風景なども綺麗に見える
夜、明かりをつけた状態だとぼんやりとして見えづらさあり
日中は明るい状態になるため、よほど距離を近づけない限り見るのは難しい

色々な使い方を試したい、というイメージが湧く

実際に使用してみると、

動画やアニメを大画面、上映気分で楽しむだけでなく

こんな使い方もできるのでは?というイメージが湧いてきました。

  • 自宅で映画館のように大画面で楽しむ
  • 友達との集まりなど、イベント事に活用する
  • 料理をする際、レシピ動画をキッチンに投影しながら料理する
  • 寝室で寝る前に動画を楽しむ
  • 天井に星の動画を投影すれば「プラネタリウム気分」に!
僕は夜寝る前にプラネタリウムを作ってみようと思いました

実際に触れて、自分の家で使ってみないことには

こういった使い方をしてみたい

という具体的な思いが湧きづらいものですよね。

1つだけの使い方ではなく、自分なりに色々な活用方法を見出すことで

買った後、使わなくなるのでは?という不安を無くすことができます。

まとめ

プロジェクターをレンタルすることは

  • 実際に購入したい製品を事前に試す
  • 使い方、画質の確認ができる
  • 購入するよりも低価格で製品を使用できる

さらにそれだけではなく、

他の活用方法もできるのでは?というイメージが湧くことで

購入に対する検討がしやすくなるメリットがあります。

Anker Nebula Capsule ⅱのレンタルでおすすめなのは

レンタル期間別に2社を紹介しました。

短期レンタル:kikito(2泊3日で3,480円)

月額レンタル:レンティオ(4,800円/月、最低3ヵ月継続必要)

kikitoは2泊3日の短期間ですが3,480円と、

紹介した4社中で最安のレンタル料金のためおすすめです。

月額で長期間レンタルしたい方はレンティオがおすすめ。

一番のポイントは「12ヶ月レンタルを継続すると自分のものになる」点

レンタル品のため新品ではないデメリットはありますが

購入するよりも初期費用を抑えることができ、

低価格で最終的に自分のものにできることは魅力です。

プロジェクターの購入を迷っている方、

買ったけど使わなくなりそうで不安。。という方は

まずは低価格でレンタルして、実際に使ってみましょう!

にほんブログ村ランキングに参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しみ

しみまめブログは、旅行・ガジェット好きの運営者がおすすめしたいモノ・情報を紹介するブログです。
化学メーカーの製品企画者
年間出張・旅行回数40回
とことん調べて物事を決めるタイプ
妻と猫の3人暮らしの30代

-ガジェット
-,