※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ガジェット

プロジェクターを使わなくなるかが不安な方は|レンタルでお試しがおすすめ

アイキャッチ

動画配信サービスが充実している昨今、

自宅で映画やアニメ、ライブなどを楽しむ方も多いですよね。

プロジェクターを買えば「自宅で映画館気分!」

大画面、迫力ある映像でお気に入りの映画やアニメがより楽しめます。

一方、プロジェクターは10万円以上する高価なものもあるため、

  • 買ったはいいけど、使わなくなりそうで不安
  • 高価な買い物なので購入に踏ん切りがつかない

購入に慎重になってしまいますよね。

本記事では、

プロジェクターを購入したけど使わなくなる ことを避けるために

まずは購入ではなく、「試してみる」ことをおすすめします。

プロジェクターを使わなくなる理由は?

  • 準備が面倒
  • 思ったような画質ではなかった
  • 使う場面があまりなかった

プロジェクターを買った後、結局使わなくなってしまう理由として

「使うまでに手間がかかる」

「プロジェクター自体、思ったようなものではなかった」

「あまり使えるような場面がなかった」

という3点が挙げられます。

準備が面倒

プロジェクターは使うまでに時間がかかってしまいます。

セットして⇒電源を入れて⇒位置やフォーカスを調整して等、

最初はわくわくしながら準備できても慣れてくるとそれが面倒に。。。

使うこと自体ハードルになってくる恐れがあります。

しみ

プロジェクターを使わなくても動画自体は見ることができる と思ってしまうと使うのが面倒になります

思ったような画質ではなかった

光源の種類や明るさなど、製品によって性能が変わるため

画質はモノによって変わってしまいます。

購入して初めて、「どんな画質か」を初めて体験するため

自分がイメージしたようなものとは違っていた場合、買って後悔することに繋がります。

しみ

特に投影した際の「明るさ」は非常に大切です。明るさが不足すると見づらく感じてしまいます

使う場面があまりなかった

例えば見たいものがあまりなくなった場合など

当初、使いたいと思っていた目的から遠ざかってしまうと

使いどころが無くなってしまうという恐れがあります。

色々な用途があれば、使う場面の幅が広がるのですが・・・

しみ

どんな活用ができるか?は実際生活する中で使ってみないとイメージが湧きづらいですよね。。

プロジェクターを使わなくなることへの対策① モバイルプロジェクターを検討する

家庭用のプロジェクターは

据え置き型の「ホームプロジェクター」と、

持ち運びが可能な小型の「モバイルプロジェクター」があります。

ホームプロジェクターは画質が綺麗で、より迫力ある映像を楽しめますが

設置して準備が必要になるなど使うまでの手間がかかる点デメリットに。

準備の手間がかからない「モバイルプロジェクター」の方が気軽に使え便利です。

さらに、「どこでも持ち運べる」ため新しい活用方法を見つけることができる点メリットになります。

プロジェクターを使わなくなることへの対策② レンタルで「お試し」してみる

プロジェクターを使わなくなる理由

その対策として

「百聞は一見に如かず」

自分で体験してみることをおすすめします。

購入前にプロジェクターをレンタルしてみて、

まずは「お試し」してみるのはいかがでしょうか。

製品を試してみることで、実際どうなのか?を自分の感覚で体験することができれば

購入に対する「判断」がしやすくなります。

プロジェクターをレンタルすることのメリット・デメリット

  • 購入するより「手軽な価格」で実際の製品を触れる
  • 製品の「使用感」を体験できる
  • 購入前、「事前に」画質を確認できる
  • 自分なりの活用方法をイメージできる

購入するよりも少ない支出で

実際の使い勝手、準備にどれだけ手間がかかるか

画質を確認することができる点が大きなメリットです。

自分が「プロジェクターを買っても使わなくなるか?」という不安に対し

事前に把握できることに繋がります。

プロジェクターのレンタルはkikitoがおすすめ

kikitoはドコモが運営している「家電のサブスク」サービスです。

  • カメラやロボット掃除機
  • 生活家電、美容家電
  • イヤホン、PC関連製品などガジェット系 など

様々なジャンルの家電をレンタル・サブスクでお試しすることができます

ココがポイント

 「お試し」する方法が自由に選べる
 「サブスク」月額払いでしばらくの間使用もできる
 「短期のレンタル」も可能(例:2泊3日など)
 気に入った場合、返却せずそのまま購入も可能

kikitoは使用側でレンタルスタイルを選択することができ、

幅広い「お試し」の方法がある使い勝手の良いサービスのためおすすめです。

また、kikitoは選べるプロジェクターの種類が豊富なので

試せる種類が色々あるのも◎!

kikitoのプロジェクターレンタルをレビュー Anker nebula capsule ⅱ

今回kikitoで実際にレンタルしたのは

Anker nebula capsule ⅱ です。

  • 持ち運べる「モバイルプロジェクター
  • 最大の特徴は「500mLペットボトル程度」の大きさ
  • Android TV 9.0搭載 様々な動画配信サービスに対応
  • 距離に応じて画面の大きさが変わり、100インチの大画面も可能
  • 家の中でも場所を問わず投影でき、外に持ち出して使うなど用途の幅広さ◎

500mLペットボトルを持ち歩いている感覚のサイズ、

Android TV 9.0搭載なので、これ1台を持ち運ぶだけで様々な動画配信サービスを利用できます。

購入すると約7万円する製品ですが

kikitoのレンタルだと3,480円~(2泊3日)

購入前にお試しするにはお手軽な価格です。

月額サブスクプラン 2,600円/月(最低4ヵ月継続が必要)

短期レンタルプラン 3,480円(3日間)~ 6,780円(14日)

丁寧な梱包に、同梱品リストまで付けてもらえるので返却するものが明確なのも◎

使い方はとっても簡単 置いて電源を入れるだけ

Anker nebula capsule ⅱの使い方は非常に簡単

面倒な準備も不要です。

投影したい場所で「置いて⇒電源を入れる」だけ

好きな場所に置いて、本体裏の電源ボタンを約2秒長押しするだけですぐに起動します

オートフォーカス機能が備わっていますので

投影したい場所に置くだけで勝手に最適な焦点に合わせてくれます。

準備の手間は全く感じず、電源を入れるとすぐに使うことができました。

距離に応じて画面が大きくなる 100インチサイズまで対応

まず距離に応じてどの位の画面サイズになるか検証しました。

壁との距離高さ×幅(cm)※TVインチ
90cm35×6430インチ相当
180cm70×13058インチ相当
350cm148×265100インチ以上
壁との距離別 画面サイズ ※実測値なので注意ください

壁との距離を離すほど画面サイズは大きくなります。

約1mの距離だと小さなテレビのような画面サイズ、

約2mで大型テレビの画面サイズになります。

約3m程度で100インチ相当!距離を離すと迫力ある大画面になります。

90cm離した場合の画面サイズ
180cm離した際の画面サイズ
350cm離すと100インチ以上に!大きすぎて窓に投影してみました。比較のTVは50インチテレビです

画質は鮮明 暗い場所での使用が基本 明るい場所では見づらさアリ

先ほどの写真を見ていただけると分かりますが

画質はとても鮮明で綺麗です。

真っ暗な状態にするととても鮮明に見えます。

3m以上離すとさすがに多少ぼんやりとしてくるのですが、

それでも十分迫力ある映像が期待できます。

デメリットは「日中、明るい状態の部屋では見えづらい」です。

  • 基本は「部屋を暗くして楽しむ」
  • 日中、明るい部屋ではよく見えない・・
  • 夜、明かりをつけた状態で影のある場所ならなんとか全体が確認できる 感覚
真っ暗状態だと、風景なども綺麗に見える
夜、明かりをつけた状態だとぼんやりとして見えづらさあり
日中は明るい状態になるため、よほど距離を近づけない限り見るのは難しい

色々な使い方を試したい、というイメージが湧く

実際に使用してみると、

動画やアニメを大画面、上映気分で楽しむだけでなく

こんな使い方もできるのでは?というイメージが湧いてきました。

  • 自宅で映画館のように大画面で楽しむ
  • 友達との集まりなど、イベント事に活用する
  • 料理をする際、レシピ動画をキッチンに投影しながら料理する
  • 寝室で寝る前に動画を楽しむ
  • 天井に星の動画を投影すれば「プラネタリウム気分」に!
僕は夜寝る前にプラネタリウムを作ってみようと思いました

実際に触れて、自分の家で使ってみないことには

こういった使い方をしてみたい

という具体的な思いが湧きづらいものですよね。

1つだけの使い方ではなく、自分なりに色々な活用方法を見出すことで

買った後、使わなくなるのでは?という不安を無くすことができます。

プロジェクターを使わなくなることへの対策 レンタルでまず試してみる最大のメリット

プロジェクターをレンタルすることは

  • 実際に購入したい製品を事前に試す
  • 使い方、画質の確認ができる
  • 購入するよりも低価格で製品を使用できる

さらにそれだけではなく、

他の活用方法もできるのでは?というイメージが湧くことで

購入に対する検討がしやすくなるメリットがあります。

なかなか自分の家で実際に使ってみないと

こういった使い方もしてみたい」というイメージが具体的に湧きづらいですよね。

プロジェクターの購入を迷っている方、

買ったけど使わなくなりそうで不安。。という方は

まずは低価格でレンタルしてみて、購入を検討されるのがおすすめです。

にほんブログ村ランキングに参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しみ

しみまめブログは、旅行・ガジェット好きの運営者がおすすめしたいモノ・情報を紹介するブログです。
化学メーカーの製品企画者
年間出張・旅行回数40回
とことん調べて物事を決めるタイプ
妻と猫の3人暮らしの30代

-ガジェット
-,