※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ガジェット

PS5(プレステ5)本体のレンタル・サブスク4社をメリット・デメリットで比較

アイキャッチ
  • PS5本体をレンタルしたいけど、どこで借りたら良い?
  • お得にレンタルできるのはどこがおすすめ?

PS5本体は高くて買うのに迷っているけど、

特定のソフトを遊んでみたい時はありますよね。

しみ

ペルソナ3リロードやFF16はやってみたいなぁと思ったりします・・・

そんな時はPS5をレンタルしてみる方法もあります!

本記事はPS5のレンタルを検討している方に向け、

レンタル・サブスクできる4社を紹介、

メリット・デメリットを挙げながらおすすめを紹介します。

各社サービスは「レンタル期間」が異なり、

期間⇔料金について比較しながらまとめていますので

PS5をレンタルする参考にしてくださいね。

PS5(プレステ5)をレンタルすることのメリット・デメリット

  • 初期費用の削減
  • 購入するよりも出費を抑えることができる
  • 一度に大きな出費を避けることができる
  • 自分の好きなタイミングで、好きな期間だけPS5を使える

PS5本体価格は2023年11月10日の新型モデルの登場を機に、

これまでの60,478円⇒66,980円と値上がりしました。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/07/11 19:24時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

約7万円弱もする本体を購入するだけでも大きな出費

さらに周辺機器や目的のゲームソフト購入。

「初期費用が高い」のが、PS5の購入にためらってしまいますよね。

PS5をレンタルすることのメリットは、

初期費用を抑えることができ・購入するよりも低価格でPS5を体験できる点です。

一方デメリットは、

長期にレンタルし続けると購入と変わらない総額になってしまう点。

「レンタル期間」に注意して借りる必要があります。

PS5をレンタルすることでできること

初期費用の高いPS5をレンタルすることで、

本体にかかる出費を抑えることができます。

それだけでなく、PS5を購入ではなくレンタルすることで

PS5本体への出費を抑えた分、ゲームソフトに出費をかける考え方もできます!

PS5本体代金ソフト3本※合計
レンタル(6ヵ月)15,000円24,000円39,000円
購入66,980円24,000円90,980円
PS5レンタルと購入の金額差の一例 ※1本=8,000円と仮定

挙げた例は、PS5本体を6ヵ月サブスクレンタルした場合と

購入した場合の金額比較です。

ソフト3本購入してもレンタルは購入の約40%の出費!

本体にかかるはずだったお金を「気になるソフト」にかけ、

複数のソフトを楽しむこともできるのがレンタルの良い点です。

PS5本体をサブスクまたはレンタルできるサービス

PS5をレンタルできるサービスは以下4社、

各社「家電のサブスク・レンタル」を行っています。

PS5をレンタルできるサービス

kikito :ドコモが運営する家電・デバイスのレンタルサービス

レンティオ :6,700種類以上の豊富な家電ラインナップを誇る(2024年7月現在)

モノカリ :カメラを1日だけレンタルなど、短期のレンタルに強み

ナニワレンタル :モノカリの大阪拠点として2023年に運営開始

※下線タップ・クリックで公式サイトへ移動します

なお、4社とも「全国送料無料」のため、

利用料金に追加で発生する費用の要素はありません。

レンタル期間と利用料金で各社を比較していきます。

(2024年7月時点の料金比較になります)

PS5のレンタル・サブスクのサービス比較まとめ

ココがポイント

 短期・長期レンタルともに「kikito」がおすすめ
 サブスクは「最低継続期間」に注意!

PS5のレンタルでおすすめは? 15日レンタルできるkikitoが安い

PS5をレンタルできる期間と最安価格をまとめると

PS5のレンタル 期間/最安は?

  • 7日 / 8,900円(モノカリ)
  • 15日 / 6,980円(kikito)
  • 30日 / 9,900円(モノカリ)
レンタルkikitoレンティオモノカリナニワレンタル
日数15日7日
30日
7日
30日
料金6,980円8,900円
9,900円
9,450円
9,900円~
1日当たり465円1,271円
330円
1,350円
330円
最大日数25日まで規定なし規定なし
公式サイト
(タップで移動)
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
PS5をレンタルする場合の料金比較(税込み) 2024年7月時点

一番短い期間だと「7日」ですが、料金がネック

1万円程度かかる⇒1日当たり約1,300円もするのでおすすめしません

おすすめは「15日・6,980円」の「kikito

15日と約2週間レンタルでき、しかも料金は上記7日レンタルより安い!

1日当たりのコスパという観点からは

「30日・9,900円」の「モノカリ/ナニワレンタル」が最も優秀(330円/日)

ただし、1ヵ月という長めの期間レンタルする場合、

後述するサブスク、月額制にした方が

一回の支払いを抑えつつ、総額も若干高い程度。

かつ1ヵ月以上レンタルできるためおすすめです。

PS5のサブスク(月額レンタル)は「最低継続期間」に注意して選ぶ

PS5本体を「サブスク」でレンタルできるのは2社

PS5のサブスク 月額/最低継続月数

  • kikito 2,500円 / 6ヵ月
  • レンティオ 6,000円 / 3ヵ月
サブスクkikitoレンティオモノカリナニワレンタル
月額料金2,500円6,000円
1日当たり83円200円
継続最低6ヵ月3ヵ月
継続最低まで料金15,000円18,000円
返却不要まで36ヵ月12ヵ月
返却不要総額90,000円72,000円
公式サイト
(タップで移動)
公式サイト公式サイト
PS5をサブスクで利用する場合の料金比較(税込み) 2024年7月時点

PS5をサブスクでレンタルしたい場合、

「最低継続月数」が設定されており注意が必要です。

しみ

1ヵ月で解約しよう、とする場合解約金が発生するため、最低3ヵ月 or 6ヵ月継続が必要です

この最低継続月数を基準に考えると

月額料金は「kikito」が2,500円と安いのですが(83円/日!)

6ヵ月レンタルし続ける」必要がある点、一番のネック

ただ長期に渡ってレンタルし続けたい方は間違いなく「kikito」がおすすめです

最低継続期間だけを考えると

最も短い期間で収めることが可能なのは「レンティオ

kikitoに比べ、最低継続期間が半分の3ヵ月なのは◎。

ただし月額料金が6,000円と高いのがデメリットです。

しみ

レンタル期間を最優先に検討される場合を除けば、月額料金・費用総額ともにkikitoの方がお得なのでおすすめです

PS5のサブスクは最終的に「返却不要になる」がおすすめしない

PS5の2社サブスクとも、一定期間継続すると

返却不要 ⇒ 自分のものになる

サービスがあります。

  • kikito 36ヵ月(3年)⇒ total 90,000円
  • レンティオ 12ヵ月(1年)⇒ total 72,000円

一方、PS5の本体価格は66,980円

2社とも返却不要になるまで借り続けると

購入するよりも高額になってしまいます。

サブスク利用し、PS5を「購入しよう!」と考えた場合は

最低継続月数まで利用し、本体を購入する

形を基本的にはおすすめします。

しみ

サブスクを続けて「自分のものにしよう」という形はおすすめしません

レンティオは「返却不要」までレンタルし続けた方がお得にはなる

先ほど「基本的には」最低継続月数までレンタルした後

別途PS5を購入する方がお得と紹介しました。

例外は「レンティオでサブスクする場合」です。

kikito、レンティオ両社で最低継続月数までサブスクレンタルし、

その後本体を別途購入した場合をシミュレーションしてみると

サブスク(最低継続月数まで)+本体を別途購入

  • kikito 15,000円+66,980円=81,980円
  • レンティオ 18,000円+66,980円=84,980円

※ PS5の本体購入料金は66,980円で計算

kikitoは返却不要までサブスクを継続するより

約1万円お得になります。

一方レンティオはと言うと、

返却不要までサブスク継続した方がお得になる結果でした。

項目kikitoレンティオ
①返却不要まで
サブスク継続
90,000円72,000円
②最低継続期間までレンタル
+PS5別途購入
81,980円84,980円
①-②8,020円‐12,980円
公式サイト
(タップで移動)
公式サイト公式サイト
PS5サブスク⇒本体購入の形態比較(2024年7月現在) ※PS5本体は66,980円(税込み)で計算

レンティオでサブスクをする場合は

返却不要までレンタルし続ける、というのも検討の余地はありそうです。

ただし、

  • 「月額6,000円」というサブスク料金
  • レンタルできるのはリユース品

という点を考えると

おすすめはやはり、最低利用月数までサブスクを継続した後

改めて新品のPS5を購入することが良いと考えます。

PS5をレンタル・サブスクできる4社の特徴を紹介

ここからはPS5をレンタルできる4社の紹介と、

PS5をレンタルする場合の「メリット・デメリット」について、各社それぞれに分けてまとめていきます。

ドコモの家電レンタル・サブスクサービス「kikito」

kikito」はドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービスです。

PS5の他には、

  • ロボット掃除機
  • GoPro
  • モバイルプロジェクター
  • Meta Quest 3(VRゴーグル) など

最新のデジタル家電・ガジェットが豊富。

PS5のレンタルでkikitoのメリット・デメリットは

  • 4社で唯一、短期レンタル・長期レンタル(サブスク)に対応可能
  • レンタル料金がどの期間も安く、高水準のサービス
  • サブスクは1日料金に換算すると83円、最も安い!

短期でレンタルしたい時も、長期で借りたい時も

1日当たりの換算料金、コスパが良いkikitoをまずは検討してみることがおすすめです。

デメリットとしては、

PS5は人気のため「在庫が無いタイミングがある」こと。

公式サイトをこまめにチェックして

レンタル可能な状態かを確認する必要があります。

以下リンクで公式サイトをチェックしてみてください!

ドコモの家電レンタル kikito

kikitoの評判やサービスを詳しく知りたい方におすすめ

アイキャッチ

ガジェット

【kikito】ドコモの家電レンタルを体験レビュー|口コミ・評判◎な良サービス

2024/6/12    

最近では家電を買うのではなく、 「レンタルする」という選択肢も選べますよね。 そこで本記事では、家電のサブスク・レンタルの 「kikito」を実際に試して感じたレビューをします。 kikitoを試して ...

家電のレンタルサービス大手の「レンティオ」

出典:レンティオ公式サイトより

レンティオ」は2023年9月実績で累計貸出件数100万件を突破した

家電のレンタル・サブスクサービスの大手です。

大きな特徴は「取扱製品数の多さ」

その数は2024年7月現在で6,700種類以上

kikitoのようなデジタル家電・ガジェットなどはもちろん、

テレビや洗濯機、冷蔵庫といった生活家電も充実

家電レンタルのデパートのような印象です。

しみ

iPhoneやiPad、Apple Watchもレンタルできます

PS5のレンタルでレンティオのメリット・デメリットは

  • サブスクの「最低継続期間」が短い(3ヵ月)
  • キャンペーンが充実しており、タイミングによっては安くレンタルできる
  • PS5の在庫は比較的安定して○なことが多い

ちょっと長めにレンタルしたいなという時は

最低継続期間が短い(3ヵ月)のがメリット。

一方、デメリットはサブスクの月額料金が高い点です。

キャンペーン、クーポン配布が充実していますので

タイミングが合えばお得にサブスク利用できる可能性があります。

レンティオのキャンペーン一例

  • 月額制プラン 初月50%OFFクーポン(2024年7月現在)
  • 月額制プラン 初月2,000円OFF(2024年5月)

kikitoより在庫は比較的ある場合が多い印象のため、

3ヵ月という丁度良い期間に魅力を感じる方

今すぐPS5をレンタルしたい、という方

レンティオをチェックしてみることをおすすめします。

家電のレンタル レンティオ

レンティオの評判やサービスを詳しく知りたい方におすすめ

アイキャッチ

ガジェット

【評判良し】Rentio(レンティオ)のメリット・デメリットを体験レビュー

2024/7/13    

高価な家電を買う前に試すことで便利な 「家電レンタル」サービス 初めて利用する方にとって安心して利用できる会社を選びたいですよね。 おすすめは業界大手の「レンティオ」 本記事では、家電レンタルのレンテ ...

1ヶ月だけレンタルができる モノカリ・ナニワレンタル

モノカリは家電やカメラのレンタル・サブスクサービス、

ナニワレンタルはモノカリの大阪拠点になります。

カメラの1日レンタルなど、超短期レンタルサービスが特徴的です。

しみ

選べるカメラの種類も豊富で、力を入れている印象です

PS5のレンタルでモノカリ・ナニワレンタルのメリット・デメリットは

  • 最も短期間のレンタルが可能(7日)
  • 4社の中で唯一、「30日」1ヶ月だけレンタルできる

「1ヶ月」だけレンタルしたい、という方は

30日レンタルができるモノカリ・ナニワレンタルのプランが合致します。

「新型」PS5はレンタルできる?

PS5は2023年11月10日に「新型」モデルが発売されました。

より小型になり、SSDの容量UP(825GB⇒1TBへ)等が変更された

初のモデルチェンジ版です。

この新型を含め、PS5のモデル型番は4つあり、

段々と軽量化が図られています。

  • CFI-1000 ⇒初代モデル。約4.5kg
  • CFI-1100 ⇒2代目。約4.2kg
  • CFI-1200 ⇒3代目。約3.9kg
  • CFI-2000 ⇒初モデルチェンジ。約3.2kg

そこで4社サービス、どの型番をレンタルできるのかまとめると

全社「ハードディスク搭載モデル」

  • CFI-1000 モノカリ、ナニワレンタル
  • CFI-1100 
  • CFI-1200 
  • CFI-2000 レンティオkikito
  • 不明   kikito(旧モデルと表記)

モノカリ、ナニワレンタルは「初期型のCFI-1000」

初期型を扱っている一方、

レンティオは最新モデルのCFI-2000のみ取扱い

kikitoは「旧型・最新モデルどちらも」レンタル可能!

新型PS5のレンタル料金をまとめると、

レンタル
サブスク
kikitoレンティオ
料金8,980円(15日)
2,700円(月)

6,000円(月)
1日当たり599円
90円
200円
サブスク継続最低5ヵ月3ヵ月
継続最低まで料金13,500円18,000円
返却不要まで36ヵ月12ヵ月
返却不要総額97,200円72,000円
公式サイト
(タップで移動)
公式サイト公式サイト
新型PS5のレンタル料金比較(税込み) 2024年7月時点

レンティオはそもそも新型PS5のみ取扱いなので変わらず

kikitoはこれまで紹介した料金にプラスされます。

月額だと+200円、短期レンタルだと+2,000円です)

新型PS5が気になっている方は

短期・月額でも対応ができ、利用の幅の広い

kikito」がおすすめです。

まとめ

PS5本体をレンタル・サブスクできる4社について、

各社の特徴やメリット・デメリットを挙げながら

利用料金、サービスを比較しました。

短期レンタルのおすすめ

kikito」 15日/6,980円

長期のサブスクおすすめ

6ヵ月継続できるならkikito」 2,500円/月

3ヵ月だけレンタルしたい方はレンティオ」 6,000円/月

また、その他こだわり条件として

  • 「最新モデル」のPS5をレンタルしたい ⇒「レンティオ」「kikito」
  • 「1週間または1ヵ月だけ」レンタルしたい ⇒「モノカリ」「ナニワレンタル」

PS5のレンタルをする際は、

「どれだけの期間借りたいか」 が非常に大切です。

自分の借りたい期間に合わせてサービスを選ぶことをおすすめします。

番外編 nuro光の回線契約をするとPS5が格安でレンタルできる

本記事で紹介した4社以外でPS5をレンタルできるところとして、

インターネット光回線の「nuro光」があります。

新規回線契約者限定」のオプションの形で

PS5を月額レンタルできます。

しみ

nuro光の新規契約をしなければいけないので番外編としています

レンタル料金は1,680円(通常版)の月額制と、

これまで紹介したサブスクのkikito・レンティオよりも安い月額料金!

ただし3年間の契約が条件など、注意点も多くあります。

気になった方は以下リンク、別記事で紹介していますので

こちらも参考にしてみてくださいね。

アイキャッチ

ガジェット

nuro光のPS5レンタルオプションはお得?|「実質無料」で手に入る仕組みとは

2024/3/16    

nuro光の新規契約者に提供しているオプション 「PS5の月額レンタル」 その公式特典・キャンペーンに「実質無料特典」があります。 この実質無料でPS5が手に入る特典の仕組みって気になりますよね。 な ...

にほんブログ村ランキングに参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しみ

しみまめブログは、旅行・ガジェット好きの運営者がおすすめしたいモノ・情報を紹介するブログです。
化学メーカーの製品企画者
年間出張・旅行回数40回
とことん調べて物事を決めるタイプ
妻と猫の3人暮らしの30代

-ガジェット
-