※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

スペーシアギア

【ワイヤレスでiPhone接続】DA7Z レビュー|スペーシアギアの取付に必要なものは?

アイキャッチ

車を運転する際、必需品となっている「カーナビ」ですが

最近は「ディスプレイオーディオ」を選ぶ方も増えてますよね。

  • ナビ機能はスマホの地図アプリで十分
  • 音楽再生はミュージックアプリがもっぱら
  • TVやCD/DVD機能は不要
  • 低予算で収めたい

上記に当てはまる方はディスプレイオーディオがピッタリだと思います。

さらに、ワイヤレスでiPhoneと接続できるものを探している

という方にはアルパインの「DA7Z」がおすすめです!

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

本記事の内容

  • DA7Z 主な装備・機能紹介
  • 良い点・気になる点
  • ワイヤレスApple Carplay接続・音のカスタイマイズ機能が◎
  • 実際の音質をレビュー
  • スペーシアギア、取付に必要なケーブル類のまとめ

DA7Z 主な装備・機能

DA7Zの装備・できること、できないことを表にまとめました。

DA7Zは液晶ディスプレイ付き「オーディオなので

本体にカーナビ機能はなく、ラジオや音楽再生機能メインです。

(とはいえ、DVD/CDプレイヤーも無いので音楽再生にはBluetooth接続などが必要)

そしてDA7Zの真価を発揮するには「スマホと接続することが必須」!!

スマホと接続(Apple CarplayまたはAndroid Auto)することで、

スマホにインストールされているマップアプリやミュージックアプリを使用することができます。

装備/機能装備有無・説明
ディスプレイ7インチ(2DIN)
液晶寸法幅171mm×高さ96mm
画面解像度WXGA 1280×720p
カーナビゲーション×
Apple CarPlay○ ワイヤレスCarPlay対応
Android Auto
Bluetooth
DVD/CD×
FM/AMラジオ
地デジTV×
HDMI出入力
AUX入力
USB入力○(2系統)
ハイレゾオーディオ
バックカメラ表示○(バックカメラ別売り)
ハンズフリー

DA7Z の良い点・気になる点

ココが○

 ワイヤレスでiPhoneと接続(Apple CarPlay)
 音のカスタマイズ機能が豊富
 ミュージックアプリの再生可能
 スマホのMAP、ナビアプリでカーナビとして機能
 画面が見やすく、綺麗な画質

ココが気になる

 DVD/CD再生ができない
 「DA7Z」を購入するだけでは車に取付できない
 取付には複数のケーブル・コネクタを買う必要
 9インチ以上の液晶もある中、7インチだとやや物足りない

特にポイントとなる良い点・気になる点について、

個別に取り上げて行きたいと思います。

良い点① ワイヤレスでApple CarPlay接続

DA7Zの最大の特徴は

ワイヤレスで「Apple CarPlay接続」だと思います。

車のエンジンをかけると自動でDA7ZとiPhoneが接続され、

何もせずともミュージックアプリが再生

マップがディスプレイに表示されます!

もう、カーナビと言っても過言ではないと思います。。。

ワイヤレスと有線接続の違いをまとめると

ワイヤレス

  • 車に乗り込んで、iPhoneを取り出す必要がない
  • iPhoneがポケットの中でも、カバンの中でも○
  • 車内にケーブルが無い状態にできる

有線接続

  • iPhoneを取り出す⇒ケーブルを差す必要
  • ケーブルが差さっているiPhoneの置き場に困る
  • ケーブルが常に車内に出ていて邪魔

これまで僕は有線でApple CarPlayに接続していたのですが

特に面倒くささ等、感じることはありませんでした。

しかしDA7Zのワイヤレス接続を体験してしまうと、有線に戻ろうと思えないです。

ワイヤレス接続ができるかどうか、だけでディスプレイオーディオを検討するのもアリだと思っています。

良い点② 音のカスタマイズ機能が豊富!

DA7Zのもう一つの大きな特徴は

音質、音設定に力を入れている点」です。

「サウンドホーム」という音に関する設定ができるホーム画面があり、

そこで自分好みの音質・音量バランスをセッティングすることができます。

またフロント・リアのスピーカー別に音質調整もできるなど、やれることが沢山あります。

主な機能紹介

  • Tone Adjust:高音と低音の調整
  • サブウーファーレベルの調整
  • Fad./Bal.:各スピーカーの音量を個別に調整
  • X-OVER:HPF・LPF(ハイパスフィルター・ローパスフィルター)設定
  • Media Xpander:音楽をメリハリある音で再生、音声や楽器の音を際立たせる
  • bass engine SQ:5種類の低音セッティングから、好みのベースレベルを設定
  • EQ Setting:イコライザー設定。周波数20Hz~40kHzの間、13チャンネルのレベル調整が可能

特にイコライザーの設定がかなり詳細にでき、

周波数20Hz(低音域)~40kHZ(高音域)まで13チャンネル

下写真、点で示されているポイント)のレベルを調整して

自分好みの音質に仕上げることが可能です。

ちなみに比較の一例として、他の車の他社ナビは

13チャンネルは同じでも、調整できる周波数が「50Hz~12.5kHz」でした。

DA7Zはより「高音域」の設定・調整が豊富にできることが分かります。

DA7Z 実際の音質をレビュー

実際にDA7Zはどんな音質なのかが気になると思います。

スペーシアギアに取付けたDA7Zで楽曲を流し、

ボイスレコーダーで録音したものを紹介します。

音質は車種によって異なると思いますので、

参考として捉えていただけると嬉しいです。

イコライザー設定 「フラット」状態

初期設定状態、フラットなイコライザーでは

低音・中音・高音全てバランスが取られていて、

とても聴きやすい音」です。

一方、車で聴いていると「ややこもった感じ」があります。

(以下、再生ボタンで音が出ますので音量にご注意ください)

音楽:BGMer   http://bgmer.net

イコライザーを調整した例

フラットな状態からイコライザーを調整すると、

ガラッと音質が変わります。

こちらは「よりクリアな音質」に調整した例です。

フラットな状態と比較して、低音と高音がより聞こえるようになっています。

(以下、再生ボタンで音が出ますので音量にご注意ください)

音楽:BGMer   http://bgmer.net

このように、DA7Zの音質調整はかなり幅広く

自分好みの音質にカスタマイズできることが魅力の一つです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

気になる点 取付にケーブル、コネクタを別途購入する必要あり

DA7Z、この製品だけを購入した状態では

車に取付することができません。

それぞれの車に必要なケーブル、コネクタを用意する必要があり

何を用意すればよいのか分かりづらいです。

僕のスペーシアギアはオーディオレスで購入し、必要なケーブル類を自分で用意。

DA7Zをディーラーに取付けてもらいました。

用意したケーブル類を以下にまとめます。

  • ENDY カーコンポ接続コネクター EJC-082S ステアリングリモコン対応 スズキ車用
  • ALPINE ステアリングリモコン接続コード KTX-G501R ホンダ・スズキ車用
  • ENDY 車速センサーコネクター EJC-310T トヨタ・ダイハツ・スズキ車用
  • ENDY 日産車用 汎用フェイスパネル EFK-026N

ENDY カーコンポ接続コネクター EJC-082S

車両の純正配線を利用して、オーディオに接続するための接続コネクターです。

注意点は、スペーシアギアはステアリングリモコンが装備されていますので

「ステアリングリモコン用」のものが必要となります。

ALPINE ステアリングリモコン接続コード KTX-G501R

純正のステアリングリモコンが装備されている車にDA7Zを取付けた際、

ステアリングリモコンを使ってDA7Zの操作ができるようにするコードです。

ENDY 車速センサーコネクター EJC-310T

車両の車速信号・バック信号・パーキング信号を

車両側の純正配線から取り出し、DA7Zに接続するためのコネクターです。

ENDY 日産車用 汎用フェイスパネル EFK-026N

スペーシアギアは、9インチのナビを埋め込み装着するスペースがあります。

なので7インチのDA7Zを装着すると、横に隙間ができてしまいます。

その隙間を埋めるための「外枠」パネルになります。

日産車用、と記載されていますが問題なくスペーシアギアに装着できました。

バックカメラを取付ける場合

なお、DA7Zはバックカメラのディスプレイとしても使用できます。

その場合、バックカメラと必要なケーブルは以下、追加で用意します。

必要アイテム

  • アルパイン バックカメラHCE-C1000D
  • カメラダイレクト接続ケーブル KWX-G001

まとめ

アルパインのDA7Zは

iPhoneユーザーにとって最適解となりうる便利さを備えた製品だと思います。

ワイヤレスCerPlay接続により、車内でiPhoneをケーブルに接続することなく

ミュージック再生、マップアプリを使用することができます。

価格は10万円を普通に超えるカーナビと比べると

かなりの低価格になると思います。

問題は、自分でDA7Zを取付けるためのケーブル・コネクタを揃える必要があること。

本記事ではスペーシアギアの取付に必要なものをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ディスプレイオーディオ、できることはほぼカーナビと一緒の感覚ですごいなぁと感じています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

にほんブログ村ランキングに参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しみ

しみまめブログは、旅行・ガジェット好きの運営者がおすすめしたいモノ・情報を紹介するブログです。
化学メーカーの製品企画者
年間出張・旅行回数40回
とことん調べて物事を決めるタイプ
妻と猫の3人暮らしの30代

-スペーシアギア
-