※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

オーディブル

おすすめオーディオブック2社をメリット・デメリット比較|Audible audiobook

アイキャッチ

本を耳で聴く「オーディオブック」

忙しい毎日の中で読書をする時間が無い方でも、

ながら聴き」によって気軽に楽しむことができるサービスです。

時間をより効率的に活用できる新しい読書の手段として注目されています。

オーディオブックの中でも、

「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp(オーディオブック)」

どちらを選ぶか悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • Audibleとaudiobook、おすすめなのはどっち?
  • それぞれの良い点・イマイチな点を比較紹介

聴き放題プランがある両サービスについて

月額料金や無料期間、アプリの使いやすさなど、

様々なポイントで比較していきます。

「それぞれが持つ強み」に自分が合う方を選択することがおすすめです!

オーディオブック おすすめ2社の特徴まとめ

日本のオーディオブック市場で人気を2分している

「オーディブル」と「audiobook.jp」

まずはこの両社の特徴をまとめます。

Amazonが運営するAudible 豊富な作品数が特徴

出典:Audibleアプリより

オーディブルは、Amazonが提供するプロのナレーターによる

本の朗読、音声コンテンツ」です。

2015年にサービスを開始し、月額聴き放題となった2022年以降、

今一番会員数を伸ばしているオーディオブックサービスです。

  • 2022年1月~16ヶ月で会員数「67%増」と急成長
  • 月額料金 1,500円
  • 12万以上の作品が月額料金で「聴き放題」

一番の特徴は、「配信作品数の多さ

12万以上の作品が月額1,500円で聴き放題です。

オーディブルでしか聞けない独占配信作品も多く、

小説・ビジネス書・ラノベ等

苦手なジャンルがなく、幅広く読書を楽しみたい方におすすめです。

オーディブルの評判を詳しく知りたい方へおすすめ

アイキャッチ

オーディブル

オーディブルに感じた魅力【感想】|評判やメリット・デメリットをレビュー

2024/7/14    

Amazonが運営するオーディオブックサービス 「Audible(オーディブル)」 目で読む読書と異なり、 気軽に本に触れることができる新たな読書スタイルとして生活に取り入れる方が増えています。 一方 ...

Audible 公式サイト

日本発のオーディオブックサービス audiobook.jp

audiobook.jpは、オトバンクが運営する国産のオーディオブックサービスです。

2007年に日本で初となるオーディオブック配信サービスを開始と、

日本におけるオーディオブックのパイオニア的存在です。

  • 会員数300万人突破」(2024年2月)
  • 月額料金 1,330円
  • ビジネス書籍ラインナップ数 3年連続日本1位

※日本マーケティングリサーチ機構による2023年11月調査結果

一番の特徴は、ビジネス書籍の作品数です。

2021年~2023年まで3年連続でラインナップ数日本1位と、

ビジネス書をメインに聴きたい方におすすめのサービスです。

audiobook.jp 公式サイト

Audible vs audiobook.jp オーディオブック2社のサービス比較

ここからはオーディブルとaudiobook.jpについて、

様々なポイント、項目に分け

サービスを比較していきます。

オーディオブックを選ぶ際の基準として重要な以下5項目、

どちらが優れているのかを見ていきましょう。

  • 料金プラン・無料で体験できる期間
  • 作品ラインナップ数
  • コンテンツの豊富さ
  • アプリの使いやすさ
  • 本の探しやすさ
  • 朗読、「音声コンテンツ」の質

聴き放題プランの月額料金・無料お試し期間

オーディブルとaudiobook.jpは、

どちらも月額料金での「聴き放題プラン」があり、

初回登録の際は無料でまずは体験もできます

両社の料金や無料体験期間をまとめると

項目Audibleaudiobook.jp
月額料金1,500円1,330円
または833円※
無料体験期間30日間14日間
オーディブルとaudiobook.jpの料金体系比較(税込み)

※「年割プラン」(年払いで9,990円)での月当たり料金

月額料金では1,330円のaudiobook.jpの方が安く

さらに年払いにすると833円と、さらにお得にもなります。

どちらも初回登録後、一定期間無料で体験できるシステムは同じ。

期間はAudibleの方が約1ヶ月間と長く

じっくりオーディオブックを体験できるのはメリットです。

料金・無料体験期間

聴き放題の作品ラインナップ数

聴き放題プランで聴くことができる作品数は、

オーディブル:12万作品以上

audiobook.jp:1万5000作品以上

オーディブルの方が豊富な作品数を揃えており、

聴き放題なのに、聴きたい本が無い

という状況になりづらいと言えます。

聴き放題で聴ける作品数

12万作品以上聴けるオーディブルが優秀

聴き放題プラン コンテンツの豊富さ

本屋大賞 受賞作品はどれだけ聴ける?

作品数だけでなく「コンテンツの豊富さ」、

人気作品をどれだけ聴くことができるか?

オーディオブックに飽きないために重要な要素です。

新刊書を扱う全国の書店員が投票によって選ぶ文学賞、

「本屋大賞」受賞作品は両サービスでどれだけ聴くことができるのか?

を一例として挙げてみると

オーディブル・audiobook.jpの取扱い作品を調査

  • 本屋大賞1位~10位の10作品
  • 2020年~2024年の5年分
項目Audibleaudiobook.jp
2024年8作品1作品
2023年8作品2作品
2022年8作品4作品
2021年4作品1作品
2020年7作品2作品
各年の本屋大賞受賞10作品を聴き放題プランで聴くことができる数

オーディブルは5年分(全50作品中)で35作品ラインナップしているのに対し、

audiobook.jpは10作品に留まる結果。

2024年本屋大賞受賞作品を例に挙げてみると、

順位タイトルAudibleaudiobook.jp
大賞成瀬は天下を取りにいく
2位水車小屋のネネ
3位存在のすべてを
4位スピノザの診察室
5位レーエンデ国物語
6位黄色い家
7位リカバリー・カバヒコ
8位星を編む
9位放課後ミステリクラブ
10位君が手にするはずだった黄金について
2024年本屋大賞受賞作 Audibleとaudiobook.jp聴き放題対象作品(2024年6月現在)

オーディブルは大賞の「成瀬は天下を取りにいく」を始め、

ほとんどの作品を聴き放題プランで聴くことができるのに対し

Audiobook.jpは「成瀬は天下を取りにいく」のみ聴くことが可能です。

しみ

オーディブルは「成瀬は天下を取りにいく」続編も配信されており、新しい作品への対応も早い印象です

ラノベの配信作品でも検証

先ほど紹介した小説だけでなく、他ジャンルでも検証します。

ラノベ(ライトノベル)の人気作品はどれだけ聴けるのか?

アニメ化されたラノベ作品で両オーディオブックを比較すると、

タイトルAudibleaudiobook.jp
転生したらスライムだった件
ソードアートオンライン○※
無職転生~異世界行ったら本気だす~
蜘蛛ですが、なにか?
青春ブタ野郎シリーズ
物語シリーズ
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
オーバーロード
狼と香辛料
幼女戦記
この素晴らしい世界に祝福を!
弱キャラ友崎くん
アニメ化されたラノベ Audibleとaudiobook.jp聴き放題対象作品(2024年6月現在)

※ ソードアートオンラインは2024年6月7日より配信開始(1巻のみ配信中)

人気ラノベ作品はオーディブルで多数配信している結果。

以上より、オーディブルのラインナップは量・質ともに優れ

話題になった人気作をたくさん聴いてみたい

という方はオーディブルを選択するのがおすすめです。

コンテンツの豊富さ

本屋大賞受賞作品や人気のラノベも豊富なオーディブルが優秀

Audible 公式サイト

audiobook.jpにしかない作品は?

作品ラインナップはオーディブルの優秀さが目立つ結果ですが、

audiobook.jpでしか聴けない作品もあります。

  • 聴く日経
  • 霊媒探偵 城塚翡翠シリーズ

「聴く日経」は

日本経済新聞朝刊の企業ニュース、経済ニュースを厳選して送る音声コンテンツです。

出典:audiobook.jpアプリより
  • 平日、毎日朝6時に配信。その日のトピックが聴ける
  • ニュースを16本程度に絞った20分のボリューム
  • 忙しい朝、通勤や通学時に聴けて「時間の効率利用」

audiobook.jpの人気コンテンツとなっており、

「聴く日経」単独でも月550円(税込み)で聴くことはできますが、

聴き放題プランに加入すると無料で聴くことが可能になります。

しみ

月額1,330円で本の聴き放題を楽しめ、かつ「聴く日経」も聴けるのがaudiobook.jpのメリットです

また、オーディブルで配信されていない作品として、

「霊媒探偵 城塚翡翠シリーズ」がaudiobook.jpは聴くことができます

出典:audiobook.jpアプリより

「medium 霊媒探偵城塚翡翠」

  • 第20回本格ミステリ大賞受賞
  • 「このミステリーがすごい!2020年版」国内編1位
  • 2020本格ミステリ・ベスト10 国内ランキング1位
  • 2020年本屋大賞ノミネート作品

ドラマ化もされた人気作品、

  • medium 霊媒探偵城塚翡翠(第1作)
  • invert 城塚翡翠倒叙集(第2作)

2024年6月現在でシリーズ第2作まで聴くことができます。

以上より、audiobook.jpも独自の作品が存在します。

自分の聴きたい作品が予め決まっている場合、

ラインナップにあるか?を確認の上

オーディブルとaudiobook.jpを選択しましょう!

audiobook.jp 公式サイト

アプリの使いやすさ

実際に本を聴く際の「アプリの使いやすさ」も、

オーディオブックを利用する上で重要な項目の一つです。

しみ

ストレスなく、快適にアプリを操作できることは長く利用する中で大事になってきます

両社アプリで本を聴く際の操作性をまとめると

項目Audibleaudiobook.jp
再生速度調節×0.5~3.5×0.5~4
早送り/巻戻し30秒10秒
タイマー5~120分等5~60分等
車内モード
クリップ・付箋
ダウンロード
要約機能×
ユーザーレビュー×
Audibleとaudiobook.jpのアプリ操作性
Audibleの再生モード画面
出典:audibleアプリより
audiobook.jpの再生モード画面
出典:audiobook.jpアプリより

再生速度の調整や早送り・巻戻しなど、

「より細かい調整が可能」なのはaudiobook.jpです。

さらにビジネス書を中心に「3分要約機能」が付いている本もあり、

聴く前から本のざっくりとした内容を知ることができます。

しみ

要約で自分の興味が湧いたものを聴けるため、本探しの際便利です

audiobook.jpの「3分要約」機能は主にビジネス書を中心に多く実装されている
出典:audiobook.jpアプリより
出典:audiobook.jpアプリより

一方、オーディブルは「ユーザーレビュー」機能がある点◎。

本の内容に対する評価というよりも、

「ナレーターの朗読の聴きやすさ」を評価で事前に把握できるのがとても便利です。

しみ

オーディブルはレビューの評価から「聴きやすい本か?」を知れるのが便利!

Audibleはユーザーレビューがとても便利
出典:Audibleアプリより
出典:Audibleアプリより

アプリの使いやすさ

本の探しやすさ

オーディオブックを始める際、

自分が好きな特定の本を聴いてみたい!という理由から始める方も多いと思います。

一方目的の本も聴き終わると、

「次は何を聴こう?」と自分の興味が湧くような本を探す必要が出てきます

そのため、

「本の探しやすさ」はオーディオブックで大切な要素の一つです。

オーディブル、audiobook.jpともに、

アプリの「カテゴリー検索」で本を探すのが基本の流れになります。

カテゴリーが細分化され、色々なジャンルに分かれていると

本探しをする自分の目に触れる本の種類や数が増え、

聴いてみたいと思う本に出会える可能性が高くなります。

両オーディオブックのカテゴリー分けを調べてみると、

オーディブル:20カテゴリー

audiobook.jp:9カテゴリー

オーディブルのカテゴリー分けは細かいのが特徴
出典:Audibleアプリより
audiobook.jpのカテゴリーは9個のみ
出典:audiobook.jpアプリより

オーディブルはより細かくカテゴリーが分かれており、

  • 「ビジネス」「ミステリー」「SF・ファンタジー」など基本カテゴリーに加え
  • 「本屋大賞」「芥川賞受賞作品」「人気作家」「人気声優」などの分けも

特集カテゴリーも組まれているのが特徴。

よりピンポイントに、興味の惹かれる作品に出会えるような探し方ができるのがメリットです。

audibleは「特集」カテゴリーが組まれているのも、本を探しやすくて◎
出典:Audibleアプリより

本の探しやすさ

カテゴリー分けの細かさから、オーディブルが優秀

朗読、「音声コンテンツの質」

オーディブル、audiobook.jpは

「有名声優や俳優等、プロのナレーターによる朗読」が楽しめます。

実は両社サービス

同じ本でも朗読者が異なっている場合があり、

オーディブル:基本的に1人または男女1人ずつの朗読が多い

audiobook.jp:登場人物全てキャストが異なり、効果音も多用

オーディブルは一人での「朗読」スタイルが多く、

audiobook.jpは登場人物一人一人に異なるナレーターを起用し、

さらに効果音もある「ラジオドラマ風」なスタイル

同一作品でも内容が全く異なる作品もあります。

例えば2024年本屋大賞受賞作、

「成瀬は天下を取りにいく」では

  • オーディブルは一人のナレーターが全ての登場人物の声を当てる
  • audiobook.jpは一人一人声を担当するナレーターが違う
Audibleは一人の朗読スタイルが多い印象
出典:Audibleアプリより
audiobook.jpは12人の登場人物それぞれ声優が声を当て、ラジオドラマ風な仕上がりに
出典:audiobook.jpより

どちらが好みかは聴き手の好みに委ねられますが、

聴きたい作品がオーディブル、audiobook.jp両方ある場合、

内容が異なる場合があるので注意してみましょう。

しみ

僕個人的には一人の朗読スタイルであるオーディブルが好みでした

朗読スタイル

  • オーディブルは基本的に一人のナレーターによる朗読
  • audiobook.jpは登場人物それぞれが異なるナレーターで「ラジオドラマ風」

オーディオブックの選び方 2社のメリット・デメリット

ここまでオーディオブックサービス2社について、

特徴の紹介、そして様々なポイントで比較をしてきました。

この結果をもとに、

  • オーディブルが向いている方
  • audiobook.jpが向いている方

どういった方がオーディブル、audiobook.jpをおすすめできるかを紹介します。

Audibleが向いている方

  • 基本的に「全ての方」におすすめ
  • 苦手なジャンルがなく、「作品数・人気作のラインナップも豊富
  • アプリの使いやすさ、本の探しやすさも◎
  • オーディオブックを始めたい方にピッタリのサービス

オーディブルの一番の強みは

聴き放題作品数+コンテンツの豊富さ」です。

小説・ビジネス書・ラノベなどジャンルを問わず、

聴きたい本が見つかる可能性が高いのがオーディブル。

アプリの使い方や、カテゴリー分けの細かさ、ユーザーレビューなど

快適に利用できる環境も整っており、

オーディオブックを初めてみたい方はまず、オーディブルをおすすめします。

デメリットは「月額料金が高い」点。

月1,500円(税込み)ですが、30日間無料で体験できるため

まずは無料期間で「継続できそうか?」を見極めてみるのがおすすめです。

しみ

オーディオブックが自分に合うサービスかどうか?という点も重要になりますので、無料期間で試してみましょう!

audiobook.jpが向いている方

  • 月額料金をできるだけ安く抑えたい方
  • 「ビジネス書」を中心に聴きたい方
  • 「聴く日経」を聴きたい方
  • 「霊媒探偵 城塚翡翠シリーズ」が好きな方
  • 「ラジオドラマ風」な朗読で本を聴きたい方
audiobook.jpは、

オーディブルより聴ける作品数やコンテンツでは劣るものの

「月額料金の安さ」と「ラジオドラマ風」な朗読が魅力

「聴く日経」はaudiobook.jp独自の強みであり、

「聴く日経」を聴いてみたい方はaudiobook.jp一択です。

さらに、人気ミステリー作品「霊媒探偵 城塚翡翠シリーズ

が聴けるのもaudiobook.jpの特徴となっており、

上記に挙げた作品を「ピンポイントに楽しみたい」、

「コンテンツをラジオドラマ風に楽しみたい」

という方にはaudiobook.jpをおすすめします。

まとめ オーディオブックの2社比較結果一覧

本記事では、オーディオブックの人気2社

Amazonの「オーディブル」とオトバンクの「audiobook.jp」について、

聴き放題プランのサービス内容を比較、紹介しました。

結果を以下、一覧表でまとめます。

項目Audibleaudiobook.jp
月額料金(税込み)1,500円1,330円
または833円
無料体験期間30日間14日間
作品ラインナップ数12万作品以上1万5000作品以上
コンテンツの豊富さ
アプリの使いやすさ
本の探しやすさ
音声コンテンツの質朗読スタイルラジオドラマ風
おすすめコンテンツ本屋大賞受賞作品35作品
アニメ化人気ラノベ作品12作品
など
聴く日経
霊媒探偵 城塚翡翠
など
公式HPへのリンク公式サイト公式サイト
Audibleとaudiobook.jp 「聴き放題プラン」比較

なお、オーディブル、audiobook.jpともに

「無料期間が延長されるキャンペーン」が開催されている時があります。

オーディブル キャンペーン情報(7/22まで)

アマゾンPrime会員限定「3ヵ月無料」キャンペーン

Audible 公式サイト

audiobook.jp キャンペーン情報(7/2まで)

「30日間無料」キャンペーン

audiobook.jp 公式サイト

キャンペーンの機会にぜひ、オーディオブックを初めてみませんか?

本記事が検討の助けになると嬉しいです。

にほんブログ村ランキングに参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しみ

しみまめブログは、旅行・ガジェット好きの運営者がおすすめしたいモノ・情報を紹介するブログです。
化学メーカーの製品企画者
年間出張・旅行回数40回
とことん調べて物事を決めるタイプ
妻と猫の3人暮らしの30代

-オーディブル
-